そらコッチが悪いのもあるけどやな…!の話


ごきげんようのサイコロに

収まりきらない長文タイトル。








タイトル通りです。



ブログでは簡単にあらすじを。





先週金曜日の深夜

ご飯を友だちと食べて、

あまりに楽しかったから

そのままの足で温泉施設に行きました。



時刻は27時

家の前まで来たところで

家のカギがないことを確認。



道に落とした?

どこかに置いてきた?



ほうぼうに連絡しました。



警察署、ごはん屋さん、温泉施設、、



返ってくるのは

「見つけ次第連絡します、番号教えてください」

のみ。

「家のカギなので…よろしくお願いします」

と申し上げて、、





さあ、

1つも連絡がないまま

月曜日の午前10時。



温泉施設が

「ありました」

とのこと。



ブワッと喜び、

施設まで行こうとしても

仕事に間に合わなくなるってことで

仕事おわり22時から

セッセと電車に乗って

そっから歩いて

時すでに23時前。



受付で

かくかくしかじか説明して

しばらくお待ちくださいから5分。



あの時失ったカギと対面。



あぁ、良かった。

ありがとうございますありがとうございます。






で、

「何処にありました?」

と聞くと

「ロッカーにありました」と。


ん…?


「いつ見つけたんですか?」

と聞くと

「土曜日の朝ですね」と。


んん…?


「連絡は今朝になってもらったんですけど?」

と聞くと

「我々としては深夜には連絡しませんので…」と。


んんん…??







「いや…」

と口が開くと同時に

その問答の違和感を訴えかける。












おかしいやん!

金曜日深夜に

家のカギ無くしたって連絡して

土曜日の朝に見つかったんやったら

即座に連絡するやろがえ!

「ありましてんけどどないしはります?」やん!

想像するにシフト制で

入れ替わりのタイミングで置き去りになったとか

そんなことやろうけども

こちとら家入られへんねんど!

なんや?マンガ喫茶で暮らしとけってか?

ふざんけんじゃねえやい!

家のカギはこの世で一番無くしたら困るもんやろ!

赤い手ぬぐいとか、そういう次元ちゃうやろがえ!

見つけたなら即刻連絡が筋やろ!

それを

月曜日の朝になって

「あら?まだあるわ?連絡したのかしら…?」

ってテンションで電話してきて

いや、連絡くれたんはええんやけど…

それでこうして家でブログ書けてるしな…





ちゃう!

トーンダウンするところやったわ!



ええか!

確かに原因は俺や。

俺がカギを無くさんかったら

何もこの一連の事は起きてないわ。

やけどな、

いざその事があったときの対応で

こうしてイライラをブログにupするような

そういう輩がおるっちゅうことを

ちゃんとわかっとけ!




ええなぁ!?












以上のことを

グッと心の中で抑えて

温泉施設を後にしました。。



今日のブログ

ワタクシ個人として

スッキリいたしました。





24時帰宅。おやすみなさい。。

祝辞!の話

僭越ながら

わたくしが祝辞といたしまして

いくつか挨拶をさせていただきます。






まず、

こうしてブログを書くということについて

まだ2回しか訪れていない

福田屋珈琲店のふうかさんに

「ときどきブログ見てます」と言われたので

眠たい目を擦りながら書いていることは

皆様に承知していただきたく存じます。







さて、

大阪ミナミなんばは

“座裏”と呼ばれるエリアの飲み屋さん

ガーメシフジワラ様



私が初めて訪れたのは

4年前、就職活動(1回目)直前のことでした。



ふと見やった路地に

光々と輝くちょうちんに誘われ

そこに向かって歩いてゆけば

ガーメシという文字と

ひっそり佇むカウンターだけの店内でした。



1人入り、ちょこんと座り

ただ麦酒とガーメシを頼むだけ。



調理の過程

決して広くはない店内に薫る

ガーリックのかおり。



出てきた代物を頬張った瞬間に感じる幸せ。







その後

2度3度と足を運び

いつしか顔を覚えてもらいました。





オンナと話すことはいいことだ、と教えてもらった

お前はそのメガネがダサい、と言われた

悔しくて赤パーカーの袖を濡らした





いろいろ経験した

たくさん話した

そんなお店。





たいせつな

お世話になっているお店が

8周年を迎えました。






本当に大好きなお店です。



ガーメシフジワラ



またいきます。

わざわざこんなこと言わなくても行くけど、

またいきますから。。

桜を…!の話

桜を見る会

来年度は中止します、

とのこと。





まあ

どうだっていいんですけど…





そりゃ

税金がそこには使われている、とか

後援の方を呼んでどうこう、とか



ツッコミどころはありますよ。



ツッコミどころが分かりやすいから

野党は追及、マスコミがわらわら…





うーん

頭悪く見えるのはボクだけかしら…?






SNS

良くも悪くも情報スピードが速い。



鳩山由紀夫もやってたじゃん

ってことも出てきだした。







そら

やってるでしょうよ。

伝統的な…みたいな言葉が

答弁で出たんだから。





野党は

このネタでもって

どうしたいのでしょうね?



政権交代ですか?

基盤を崩そうってかい?





優等生なコメントします。



変わったところで大して変わらんやろ。






結局

やることは一緒。



この政策は必ず進めます!

って肝いりでやったやつが

頓挫か強行か。



しょうもないネタで

野党マスコミがやっかみ、

火が消えた瞬間ってのは見たことがないね。



大臣不祥事

内閣不信任案

反対多数で否決





こっそりやってるニュース番組が

実は重大な法案が可決されましたって放送して

事後報告的に我々が知る。








どうもなぁ…









あれだよね。

何かに似てると思ったら、

我が家のネタだよね。






与党「不祥事起こしました」

野党「そんなんだからダメなんだよ、変われ」

第3勢力「言わせねぇよ…!」






あら、

このままだと

第3勢力が左遷されてしまう…



ん、

それはそれで似てたり…

メロリンQ










じゃあ

選挙来てくださいねー

って言われてもね。。









はい、



我が家のクダリが書けたので

満足であります。。

爽快!の話

1日の過ごし方

これでもって気持ちも変わる。

いや、逆か?

気持ち良いから

過ごし方も変わる?



まあ。。





前日25時半に就寝。

それまでにはラジオでニュースを聴いている。

荻上チキのラジオ

最近、面白さに気づく。



翌7時半起床。

これから寒くなってくることに備え、

毛布をパサパサ

太陽の光のもと。



窓を全開にして

お掃除モード。

ゴミをまとめて、

片付けること片付けて。



その勢いのまま

お風呂掃除までウリャーっと。



ご飯を炊いて、

おかずこしらえて、

9時くらいにご飯を食べる。



10時前に家を出て、

近所のジムで軽〜く汗を流す。



11時までに買い物して

家に戻る。



もうちょい整理するところやって

12時までに出勤準備。






なんたる充実。

素晴らしきかな午前!






さあ、

明日はどうなるかしら。。

正直者!の話

今の朝ドラのヒロインを演じる

戸田恵梨香



その昔

フジテレビ系ドラマ

ライアーゲームでは

バカがつくほどの正直者を演じてました。

騙し騙されのゲームの中で

正直者に待つものは如何に。。








さて、



ときには

人は嘘をつくことも必要だと思います。



が、

こと

ミスしたときや怒られるときってのは

あんまりウソしちゃうと

コワーイ結末が待っていたりすることも。



正直に言ったほうが良かったりする。






先週の水曜日

わたくし、人知れずミスをした。

まあ、"ぶつけた"んですが。



大丈夫だろう、バレないバレやしない



その場から立ち去りました。





バレるもんですね。





素直に

わたしです

と手をあげまして。




まあ

コワイです。

怒られるんだから。

確定ですわ。



金保留より

レインボー予告より

サム登場より



よっぽど確信をもって



さあ、怒られる…!

と思ったら

気をつけてね、とのこと。






肩透かし?

内無双

たすき反り?





こちとらポカーンですわ。







ま、

何にしても

正直に言うのが吉。

そんなときもあるってことを



今日はお伝えできたら。。

ありすぎて…!の話

いろいろあり過ぎました。



このままだと

"ハロウィンパーティー逃亡事件"の旬が

過ぎてしまいます。



いや、

もう過ぎてます。








楽しく過ごしていますので、

まあそれはそれで。








あしたは

茶店かどっかで

作業します。



何を気取ってんねん

って状況をつくることから始めます。



そういう自分が割と好き。。

導入!の話

見てみよう、やってみよう

このハードルが非常にイビツな男

久保あきらです。






もとから

自分が興味あったところ

ちょっと気になるところ



これらは

すぐにとっかかるタイプです。



まあ、

「ハードルが低い」ってやつですな。







ところが

自分がそれに対して後ろ向きだったり

興味ないね系だったり

のび太を襲う犬みたいに敵意むき出し系の事案は

まあ、見ないやらない。





ところが

結論からいうと

見ないやらないものを

一度見たやったをすると

異常にハマることが多々あったりなかったり。





オススメされたことは数知れず。





「騙されたと思って見てみな」は

これは見ません。

騙されるものか!と構えちゃうから

って訳ではないです。



これから

ボクに何かを勧める際は

以下のことを念頭に置いてください。



ネタバレ歓迎!



むしろ

ネタバレしてもらって

あらすじキャラクター裏話など

思いきり話してください。

その上で魅力を教えてください。



そうすりゃ見ますやります。



「いや、これは自分で見て確かめて!」は

うっとおしいです。

見ませんやりません。



外形作っていただいて

あとはご自由に深彫りしてくださいね

つくってお土産にしてくださいね、な

いわゆる

"観光地のガラス工房"スタイルにしていただけると

うれしいです。のめり込みやすいです。





同士がほしい方

ボク、話聞きます。。